サンタ・マリア・イン・コスメディン教会

バシリカである。リパのリオネに位置する。 最初、古代ローマの廃墟を利用し、東方の聖像破壊運動(イコノクラスム)の迫害から逃れてきたギリシャ人にあたえられた。
コスメディンは、化粧を指すコスメと同じく、ギリシャ語で「装飾」を意味する。


大きな地図で見る

タグ

2012年10月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:観光情報

このページの先頭へ